オンラインカジノの公平性を保つペイアウト率や勝率

オンラインカジノはラスベガスや香港などのランドカジノとは違い、人間ではなくコンピューター相手のゲームのため、

「勝率やペイアウト率は本当なのか?」
「カジノ側がイカサマをしてわざと勝てないようにしているんじゃないか」
と思っている人は少なくないと思います。 私もその中の一人でした。

特にそんな疑いの目で見ている方に、このページではオンラインカジノの公平性が保たれているしくみについてまとめていきます。

イカサマができないRNG

カジノゲームの勝敗を決めるのは?

オンラインカジノ RNG 乱数発生装置オンラインカジノのゲームはRNG(Random Number Generator)という乱数生成器を利用していますので、ランダムで誰にもカードやゲームの結果がわかりません。乱数とはランダムで次に何が出るかわからない数字のことです。

身近にある乱数

RNGはラスベガスやマカオの本場カジノのスロットなどにも用いられています。その他カジノ以外のギャンブル、宝くじ、パチンコ、オンラインゲームやネットワークセキュリティーなど、わたしたちの生活の中のシステムにも使用されているほど実はとても身近にあるものなのです。

第三者機関による厳しい監査

オンラインカジノのゲームがRNGを利用して作られていることはわかりましたが、ランダムな数字、乱数を生成しているRNGを操作しているのではないか?そもそもRNGを使用しているのか?とユーザーの疑問は尽きません。そこで信頼性を証明するものが必要となります。

公平性を保つために

オンラインカジノ監査eCOGRAとTSTオンラインカジノは公平性を保つために、第三者機関のeCOGRA(イーコグラ)やTST(Technical Systems Testing)といった監査機関が、定期的に監視、監査しています。 主な審査内容は厳正なペイアウト率で支払われているか、適切な勝率であるか、プレイヤーの機密情報を守っているかなど、非常に厳格な基準となっています。

この審査の報告書を公開しているオンラインカジノもあり、信頼度を確認するひとつの目安となっています。カジノ選びのポイントのひとつに入れておいてください。

政府公認のライセンスを取得

これでオンラインカジノの公平性が保たれていて安全であることはわかりましたが、では違法性に関してはどうでしょうか? これには、ライセンスの発行国が大きく関係しています。

前述の通り、オンラインカジノを運営するためにはサーバーを設置する国からライセンスを得る必要があり、これには厳しい審査が行われます。この審査を通れば、晴れて発行国にサーバーを置き、運営の下準備が完了となります。

ここで重要になるのが、サーバーはライセンス発行国に置かれていて、法律はライセンス発行国に基づくということです。

たとえばオンラインカジノの運営会社が日本にサーバーを置き、日本からオンラインカジノの発信を行った場合、その企業は法律違反で逮捕されるでしょう。サーバーの置かれている日本ではギャンブルは賭博罪という罪であり、これを行うことができません。

しかし、ライセンスを発行している国では、当然ながらギャンブルは合法です。仮に日本からその国のサーバーにアクセスしてオンラインカジノをプレイしたとしても、違法にはなりません。サーバーが置かれているのは、ギャンブルが合法な国だからです。

これが、日本でオンラインカジノをプレイしても違法にならない理由なのです。

信頼の証、ライセンスの発行国

オンラインカジノのライセンス発行国(キュラソー・ジブラルタル・マルタ・マン島)
このライセンスを発行している国は、ジブラルタルマルタ共和国、フィリピン、カナダなど、世界20カ国以上にわたります。なかでもジブラルタルは世界一ライセンス取得が難しい国であるとされていて、その分ライセンスに対する安全性や信頼感はバツグンです。

ジブラルタルでなくとも、ライセンスを取得するには半年以上の期間がかかり、その間に抜き打ちで運営体制が監査されるなど、非常に厳しい審査が行われます。

それでもライセンスを取得するのは、摘発の可能性を失くすためということもありますが、プレイヤーに対して安全性や公平性をアピールするというのも大きな理由になっています。

企業側も安全性や公平性には十分に力を入れているので、オンラインカジノは世間一般のイメージとは違って安全性が保証されているのです。

ライセンス発行政府 ライセンス取得カジノ
キュラソー政府公平性を認めるライセンス発行国「キュラソー政府」 ドリームカジノ 詳細 公式サイト ワイルドジャングルカジノ 詳細 公式サイト

オムニカジノ 詳細 公式サイト

ジブラルタル政府公平性を認めるライセンス発行国「ジブラルタル政府」 ウィリアムヒル 詳細 公式サイト 32Redカジノ 詳細 公式サイト

パーティーカジノ 詳細 公式サイト

ユーログランドカジノ 詳細 公式サイト

21novaカジノ 詳細 公式サイト

888casino.com( 詳細 公式サイト

マルタ共和国政府公平性を認めるライセンス発行国「マルタ共和国政府」 インターカジノ 詳細 公式サイト スピンパレスカジノ 詳細 公式サイト

ベラジョンオンラインカジノ( 詳細 公式サイト

ジャックポットシティカジノ 詳細 公式サイト

マン島政府公平性を認めるライセンス発行国「マン島政府」 DORA麻雀( 詳細 公式サイト

オンラインカジノの運営

オンラインカジノの運営 相関図
オンラインカジノの運営を行う場合、まずは国から運営の許可・ライセンスを得る必要があります。このライセンスについては次項で詳しくご紹介しますが、ライセンスはいわば免許のようなもので、これがなければオンラインカジノを運営することができません。

ライセンスを取得すると、その会社は、ライセンス発行国にオンラインカジノのゲームデータなどを格納したサーバーを設置します。ネット上のプレイヤーたちは、このライセンス発行国に置かれたサーバーに接続し、カジノゲームを楽しみます。

しかし、これですぐにでもオンラインカジノの運営ができる、というわけではありません。オンラインカジノの運営を行うには、他にもいくつか必要な会社があります。

たとえばソフトウェア プロバイダー。オンラインカジノの運営会社は、オンラインカジノの運営は行うものの、ゲームそのものの開発を行っているわけではありません。ゲームの開発や提供は、このソフトウェアプロバイダーが行っています

また、オンライン決済サービスを取り扱う会社も、オンラインカジノにとって必要不可欠です。入金や出金は、このオンライン決済サービスを通して行われることがほとんどだからです。

この他、オンラインカジノがプレイヤーに対して不利益なことを強いていないか、きちんとプレイヤーを保護しているかを定期的に調査する監査企業も含まれます。

このように許可制であることはもちろん、様々な会社によって成り立っているため、どこかひとつが不正しようとすればすぐにわかってしまいます。また、もしいくつかの会社が結託して不正をしようとしても、監査企業がそれを見逃しません。

このことから、オンラインカジノは安全に利用することができます

オンラインカジノの公平性まとめ

オンラインカジノはeCOGRAやTSTといった第三者機関の監査を受け、政府公認のライセンスが発行されることにより、その公平性が認められ信頼の証となっています。いかがでしょうか?思っていたよりオンラインカジノはしっかりと運営されているんだなと感じませんか?

当たり前のことと言えばその通りですが、インターネットカジノはすでに2000を超えたと言われるほど多数あります。残念ながら監査を受けていない、支払いが滞るなどの悪質なネットカジノも存在します。

第三者機関の監査を受けたり、ライセンス発行の手続きには多額の資金が必要です。認定を受けているということは、それだけ資金を出せるほどの企業であり、本気度も伺えますよね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ